2018年を振り返る。良い意味で「ブレーキ」の一年だった。

▼提携スポンサー Anfida Gym様▼


じゅり
こんにちは!アスドリファクトリー代表管理栄養士の佐藤樹里です。

2018年12月31日ですね!

今年の自分を振り返り、一度自分を見つめなおし、そして来年に生かすためにこの記事を備忘録として書き残しておこうと思います。

 

2018年をざっくりと振り返る!

 

1〜3月

・皇居でのゲリラ給水所を行い200人のランナー様へプロテインと水分を提供

・沖縄キャンプにて野球選手のサポートをする

・イベントざんまい 週末合宿や利きプロテインサーキットなど

 

 

とにかく悩む。なんだか毎日もやもや。なにが自分はしたいんだと考える。今のみちは正しいのか?自分なんて・・・と負のオーラに満ちあふれる。それをガツンと変えたい!と滝行に向かう。

滝行記事はこちら↓

【東京日帰滝行体験】女性2人で行って控えめにいっても最高だった件

2018.03.09

 

4〜6月

・筋トレと出逢い、色々な健康系イベントに参加・主催・協力

・ダイエットグルメフェス実行委員

・NHKの収録開始

・北海道にてスポーツ栄養講座

・ブログを頑張りまくり始める

固定した家を持たず転々として時期。NHKの収録もありとにかく動きつづけた。

人との繋がり自分のメンタルブロックやブレーキについてを考える。

こちらも記事におこしました↓

[自分と向き合う]自分の殻を破るとは。NHKでミレニアル世代が集まって企画を考えた

2018.07.09

7〜9月

・100人規模のプロテイングリルBBQやソフトボールを始めとしたイベントざんまい開催

・7月にはテレビ出演 BS NHK

・シェアハウス”ヤるハウス”に住む

29歳になって自分で誕生日を主催してパイ投げをしました。

このときも色々と考えたし、自分に対してお祝いしてくれる皆に感謝の気持ちでいっぱいだった。

誕生日にあたり考えまくった記事はこちら↓

【29歳になった】誰のための人生なんだ。誰が自分の責任をとるんだ。

2018.08.27

10~12月

・とにかくイベント三昧

・予防医学のオンラインサロン#ロハラボのスタートアップ会議開始

・クリスマス前に絶望。人を信じられなくなってHP-2000

・みんなに励まされてHPが50まで復活

人を信じることが不毛なのかと考えたり、自己肯定感の低さを痛感。

でもやっぱりみんなのおかげで人が全力で好きだと知る

 

ちなみに・・・1年を振り返って「イベントしすぎでしょ!」って思ってイベントの開催回数を数えたら・・・1年間でなんと

41回開催462名の皆様にお越しいただいておりました!!!!

ありがとうございます。これは私の自信や実績につながりますね・・・



ブレーキのかかった一年だった。刺激的な”人”や”仲間”に出逢えた奇跡。

去年の目標を振り返った。ほぼ達成していなかった。(おい)

目標が高すぎたのか。来年の目標こそ超えていこうじゃないか。

 

さて、今の自分の胸に残ること。アクセルを踏んだままブレーキを踏んでいる感覚。

進みたいのに進んでいない。これは今年の始めからずっと変わらなかったんだよね。

だけどもこの年末にきて、人による刺激から徐々にブレーキへの負荷が軽くなってきていると感じています。

 

人が大嫌いにもなったし大好きにもなった2018

人を信じすぎて人に裏切られ大嫌いにもなった。

しかし、そこをも覆してくれるような人にも触れ合い、やっぱり大好きだとも思った。

 

自信や自己肯定感の低さが問題

裏切られた原因は自信と考える。自信というものが自分には足りなかった。もう、小学校のときからだ。

もしあるとしてもそれはただの自分のプライドを守る「ハリボテの自信」であり、すぐ壊れてしまう。

やはり自分のことを信じられないようなやつが、人のことを信じることなんてなにかしら障害が生じるだろう。

少し間違えると自分を信じず他人を信じる、つまり他人に依存をしてしまう。

それはつまり自分の自己肯定感の低さからである。自己肯定感の低さゆえに失敗をし、泣いた。

自己肯定感が低い人は、周りに認められて初めて自分の価値が生まれると思い込むんだそうだ。

つまり、何かをして周りに認められるまで行動し続ける。

 

そうじゃないと自分の価値がないから。

 

「管理栄養士の佐藤樹里。炒飯の佐藤樹里。」

 

そんな防具があるからみんな私の価値を認めて付き合ってくれているのではないか。そう考えてしまっているのではないかとも思う。

だから自然にブレーキがかかってしまう。動いているのに自分が信じていないから。

 

そうじゃないんだよね。この考えから脱出するためにはとにかく自分を信じてあげることが大切になる。

 

言葉が胸に突き刺さる「永遠に下積みをしているよね」

話は代わり、今年のある日、ある人に言われた言葉がずっと胸に残っている。

「じゅりちゃんって大小で問わず沢山イベントとかすごくやっているし、何か大きいことをしているわけじゃないけど常に行動していて永遠に下積みをしているよね。」

わたしと仲の良い人の言葉だったし、褒めていってくれているのはわかっている。

しかし、この言葉にはっとさせられた。

なるほど。客観的にみると下積みのように常に動いているのか。そしてそれが永遠に続いているのか・・・

動いてはいるし、行動力はあるほうだ。

しかしそれがはたして結果に結ぶいているかというと、長期的にはあるかもしれないが、短期的な結果にはなかなか結びつけづらいところがある。やはり動いているからにはなにか結果に結びつけたい。

 

行動→実行→やり遂げる→分析→次に繋げる

 

という行動を2019年はする。

きちんと、行動して、そして、実行、次まで繋げる。

押忍。

 

2018年も色々とお世話になりました!ありがとうございました!

そんなこんなで全然まとまってませんでしたが、とにもかくにも人に支えられ続けた1年でした!

みなさまなしには私は成り立っていません!

本当にありがとうございます!来年のわたしを期待していてくださいね!(さっそく自信を持つ。ふり。)

2018年ありがとうございました!!!!!!!!

アスドリファクトリー代表 佐藤樹里

よかったら感想などお気軽に送ってね♪↓

友だち追加

*上記ボタンより追加できなかった方は下記リンクからお願いいたします。↓

https://line.me/R/ti/p/%40bmd1122l



よかったらクリックしてくださいね。 にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です