Sponsored Link

[自分と向き合う]自分の殻を破るとは。NHKでミレニアル世代が集まって企画を考えた


じゅり
こんにちは!アスドリファクトリー代表管理栄養士の佐藤樹里です。

自分の殻、破れてますか?

 

この質問をされると毎回ドキッとしてしまう自分がいます。

 

*今回は栄養とは関係ない、NHKのイベント企画を通じた私自身の話をさせていただきます!

栄養の話を見たくて来てくださったかた、ぜひ他のページをご覧下さいませー!!!

 

自分の殻に閉じこもるとは。そしてNHKでの企画

いま思うと、

私はいつも自分の殻にこもってきました。

なぜなら元々はかなりの完璧主義でまじめな気質。

周りの目を気にして、勝手に自分に自分というレッテルをつけて生きてきました。

 

過去のことはこちらのプロフィール記事に書いたので読んでやってもいいぜって方はぜひ!↓

プロフィール記事はこちら!

 

フリーランスになった今では、かなりの自分の殻を破ってきたとは自負していますが、

中々経験を重ねていくと、また殻にこもっている感覚も出てきます。

動いているのに動いていないような、、、そんな感覚です。

まるで、アクセルとブレーキを同時に踏んでいる感じ。

 

この時って正直、漠然とした不安とか焦り、嫉妬などの負の感情が生まれてくる感覚が自分の中にあります。

NHKさんからの1通のメールから全てが始まった

さて、そんな自分の殻がまた出来始めているのを感じていたときある1通のメールが届きました。

今回、NHKでミレニアル世代(18~34才)の若者にフォーカスをあてて、皆さんの企画会アイデアを発展させ新しいタイプのイベントを開催しようというチャレンジングな試みをします。ご出演して頂ける方を探しております。

!!!!!!!!!

NHKさんで、、、、やりたいことがやれる・・・・?

最高すぎる!

とのことで二つ返事でやります!と返事。

そこからが大変でした。

初の収録!12人のメンバーが集合!

まず、5月26日に初の収録。

NHKのスタジオに、今回の企画を考える12人のミレニアルメンバーが集まります。

12人のメンバーは、学生さんから、会社の代表取締役の方まで、長野からきてくれる方まで、分野も、年齢も、職業も全く違います。

 

決められていることは、イベント日は7月8日(日)。

そしてテーマは「殻を破る」いうこと。

私たちが外から殻をたたき、NHKさんも内側から殻をたたくことで割れる!!!というイメージです。

 

NHKさんが本気で変わろうと、殻を破ろうとしているんです。

5月26日のこの一日で、初めて会ったメンバー12人で企画までを朝から晩まで考え抜きます。

こんなコミュニケーションとりながら、アイデアを出し尽くしながら過ごす一日は

めーーーっちゃ濃くて。

めーーーーっちゃ頭を使うことで。

かなり疲れた。。。。

最終プレゼンをしてプロデューサーの浜野さんにオッケーをいただくところまでいくのが夜もう遅く。

最終的にコミュニケーションを軸としたイベント企画になりました。

そこからはチームに分かれてイベントを形成していく!!!

そんなイベント開催までの流れです。

打ち合わせの日々

夜な夜な打ち合わせすることもしばしば。死にそうです笑

イベントアイデアを出すために水族館に行ったりもしました!普通に楽しかったww

 

本番で参加者のみなさんには最高のおもてなしを。

イベントのテーマとしては夏祭り

ただ、今までにないことをする。私たちだけにしかできない夏祭り。

 

色々な屋台やらコミュニケーションを取り合える色々な仕掛けを組み込んでいきました。

プロテイン提供をやりましたー!!

 

そのなかでわたしはプロテインを提供。

腕相撲というコミュニケーションをしてから飲めるという流れです。

沢山の、本当に沢山の方が腕相撲に挑戦してくださいました!!!!!

腕相撲は最強のコミュニケーションツール?

なんでしょう、握手するからこそ生まれるここでのコミュニケーション。

一戦おわったあとはみんな握手したり、ハグが自然とでます。

すばらしいと思いませんか?

私はめちゃくちゃ感動していました。

腕相撲こそ最高のコミュニケーションツールなのではないかとも思います。

プロテインを飲んでいない女子にもおいしーーー!!!といっていただけて、個人的にかなり満足ですw

NHKの池田アナとも写真撮らせていただきました!!!!

かわいいいいいいいいい!!!!

各ブースなどの詳細はぜひ8月10日の22:00〜NHK BSにて放送予定なのでぜひそちらをご覧いただければと思います。

最後には、、、、

12人のメンバー全員そろってみんな良い笑顔。

今回のイベントを通じて考えたこと

さて、ここからが大事です。

ただただイベントを開催して良かったねーでは薄っぺらなものになります。

今回のプロセスに至るまでが一番大事であり、どういう時に自分はどんな感情で、どういった行動をしたかを考えることにします。

自分の在り方をどうするか。

 

わたしはこういう自分発信でないイベントの場合、他人事にしやすい傾向にあります。

言われたことしかやらない的なちょっとゆとり的なやつです。(偏見)

そこを今回のイベントでの自分の在り方を考えたときに、

もっと主体的に取り組んでみようとそう思いました。

 

そして、管理栄養士の”佐藤樹里”としてではなく、平成元年生まれ”佐藤樹里”としてイベントに関わりたいなと考えました。

リアルを増やすことの大切さ

主体的に取り組む上で大事だなと思うのがリアルの接触頻度です。

なのでどんなに仕事があっても、打ち合わせに遅れようとも顔だけは出したりして、

もっと自分事にしていこう在り方を軸に今回は動きました。

その他色々考えることは沢山ありました。

しかし、元々他人事にしてしまう私はあまり意見というものがない人間です。

基本的に争いが嫌だ(めんどくさい?)ので、同調する傾向にもあります。

 

その中でみんなの意見を聞きながら自分の考えを発信することが一つ自分の中の殻を壊すことにもなるのかなと思い、途中途中では自分の意見を言えるように努めました。

 

ブレーキを外せ

わたしはこのイベントにおいて、もう一つ自分のブレーキを外したいとも考えました。

そのためにはブレーキを外している人との接触頻度を増やし環境を変えることが大切です。

 

そのためにブレーキを外しているみんなとのリアルの接触頻度を増やし、自分の脳みそや行動を変えていく必要がありました。

 

だって、打ち合わせ22時からしかいけない日とか、昔の自分だったら「仕事がー」とか言って帰ってますからね。(←最悪

でも今回は打ち合わせに遅れてでも意地でも行きました

もうここですでにブレーキが少しずつ外れてきていることを実感しました。

 

うん。

さらに今回はブレーキを一切踏んでいない、夢に向かってアクセル全開の19歳のBAKKOちゃんと

触れ合いまくることで自分のマインドも変えて行こうと考えました。

彼女は本当に素直で、まっすぐで一緒にいてかなり刺激的でしたし、忘れていた感情を思いだすことができました。

ただただ、楽しいから笑うこと

愛想笑いとかでなく、100%で笑うこと。

最近のわたしは出来ていなかった。愛想笑いばかりでした。

夢に向かいアクセル全開なところ、本当に尊敬しています。

出て来た考えをざっと書いておこう

さて、反省点や出て来た考えをとにかく出た限り書き出そうと思います。

 

・他人頼りにしてしまった

・本当に自分がやりたかったことはなんだったんだ

・ついていこうと必死にならなきゃ置いて行かれる

・自分はなにかできたのだろうか

・本当に殻は破れたのか・・・?

・他の殻があったのではないだろうか・・・?

・12人みんなときちんとコミュニケーションをとることは本当に難しい

・やっぱりアウトプットしないと自分の考えていることは相手に伝わらない

楽しかった

・12人と知り合えて良かった・・・!

 

 

まとめ

学びが多すぎた・・・・!!!!

自分の殻をやぶるのは自分の行動の積み重ねである!

そして環境と、自分の意思と、実際の行動次第である!

今回のイベントを通じてなにが得れたのかというと、

行動と考えを変えれば人は変われるし、

少しでも殻が破れる。

これからも現状に満足せずに、

殻を破り続けたいと思います。

■そんな死ぬほど考えた今回のイベントの様子の放送は8月10日22時〜 NHK BS1 です!お時間ある方ぜひみてねー!

http://www4.nhk.or.jp/P4962/

 

イベントや最新情報の先行案内や、栄養や健康に関する質問は、 お気軽にLINE@から連絡ください^^ イマスグご登録してね!

友だち追加

*上記ボタンより追加できなかった方は下記リンクからお願いいたします。

https://line.me/R/ti/p/%40bmd1122l

 

\食べながらメリハリボディーを作ります/ 食べるプロテイン専門管理栄養士 佐藤樹里

よかったらクリックしてくださいね。 にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村