【フリーランス管理栄養士の働き方】独立してからの2年間で失敗・成功したこと

▼スポンサーリンク▼




じゅり
こんにちは!アスドリファクトリー代表管理栄養士の佐藤樹里です。

2017年の2月に個人開業届けをだし約2年がたちました!

独立して2年を経たフリーランス管理栄養士として、今日は栄養士・管理栄養士の働き方について私の考えを書いていこうと思います。

わたし個人的な見解も強くなってしまうと思いますので、栄養情報だけ知りたいという方はこのページは飛ばしていただきたく思います。

今回のリアルな現実が全国の悩める栄養士さんや栄養士についての現実を知らなかった方に届きますように。



栄養士・管理栄養士ってなにしてる人?

A子
栄養士さんてなにしてるの?給食作ってる人??

そもそも、栄養士や管理栄養士ってなにをしている人なのでしょうか?

管理栄養士ですって初めて会った人にお伝えすると

「あ、給食つくってるの?」と言う方もけっこういます。そういう仕事もしてはいますが、それだけではないです。

働き方としてはみなさんのイメージ通りに学校・病院・会社の社食などで給食を作っていたりもします。

別では、スポーツジム・クリニック・企業の商品開発など、健康に関する仕事をしている方も多く見られますね。

ちなみに私は新卒でスポーツクラブに入り、水泳のインストラクターをしていました。

どのくらいの人数の栄養士さんがいるの?

厚生労働省のちょっと古いデータによると、平成26年の時点で栄養士が1,023,005人、管理栄養士が205,267 人 います。

少ないの?多いの?と思いましたが看護師さんが平成24年では1,067,760人くらいなので一緒くらいと考えれば多い方ですかね。

栄養士と管理栄養士の違いって、なに?

栄養士は専門学校や栄養学科の大学を卒業した時点でテストなしでもらえるものです。

管理栄養士は、簡単に言うと国家資格です。

管理栄養士教育課程の大学を卒業した時点では、国家試験の受験資格が得られるというものです。なので、テストに受かるかどうかはそれぞれの努力しだいです!

A子
国家資格だったのね!!!!

栄養士・管理栄養士の働き方や給料について

病院・学校・社食食堂などの調理現場で働いている栄養士さんが多いのですが、そこで働く栄養士さんたちは過酷な現場にいることが多いです。

 

休みがあまりもらえない、好きな仕事ができない、残業が多い、一人栄養士現場、、、、など。

しかも給料は手取りで16~18万円だったり…(職場にもよりますが病院勤務などではもう少し高いかもです)

 

わたしの周りの栄養士仲間もそういう現場に入り苦労している人が何人もいます。

そしてどんどん視野が狭くなってしまうのです。(もちろんそうでもない人もいますが、私は私自身と私の周りがその感覚でした)

 

ちなみに私も某ブラック企業として有名な委託給食会社にて、バイトをしていたことがあるので非常にわかります。

社員の方の愚痴の数が止まらなかった印象にあります。。。

A子
これが栄養士の世界だったんだね・・・知らなかった。



フリーランス管理栄養士として独立するまで

独立するまでは色々と転職をしてきた私です。

ざっくり言うと新卒フィットネスクラブ→留学→ワーホリ→飲食店・老人ホーム厨房勤務→スポーツ栄養系の会社→独立

こんな流れです。

詳しくはプロフィールよりどうぞ↓

 プロフィール

独立前に準備していたこと

会社員として働きながら独立を目指して動いていたのですが、当時わたしが準備していたことを書いて行きたいと思います。

  1. SNS発信をするくせをつけること
  2. 自分の栄養相談のプログラムを作りはじめる
  3. 栄養相談のモニターを募る
  4. モニターの様子をSNSで発信していく
  5. イベントを主催してみる
  6. 色々なフリーランスとして働いている人に会いに行く
  7. 起業コンサルをつける
  8. 家族に話す

この中でわたしが特に重要だと感じるのは、

SNS発信と家族に話すこと

ですかね。

SNS発信は今後なにかと必要になります。当時のわたしは変にプライドもあったり周りの目を気にしていたりで、SNS発信がすごく苦手でした。

もし、独立したくてまだ何も発信などをしていない場合はどの媒体でもよいのでひとまず発信するクセをつけておきましょう。

もう一つ。家族に話すこと

これは私があまりうまくできずに失敗したなと感じることです。

少なからず独立の途中で自分に迷うときはでてきます。

その時に根底にある家族などの自分にとって大切なものが非常にキーポイント。

きちんと話して、家族と自分にけじめをつけることは非常に大事だなと感じました。

フリーランス管理栄養士として独立後の失敗、成功したこと

独立後の失敗・反省

まずは失敗したことを反省がてらに書きます。

きちんとした安定収入がなく税金や保険のことなどが無知だったため、保険や税金の請求書などが実家に届き両親を不安にさせてしまったことがあります。

あとは忙しさにかまけて約束していたプライベートの予定をドタキャンしてしまったり、信用を失ってしまったことです。

信用を構築するのは難しいけど、失うことはとても簡単なのだなと痛感し、ひどく反省した出来事でした。

独立後の成功、できたこと

独立後の成功した(できた)ことがざっとこちら。

  • 初の主催イベントで109人集客達成できた
  • イベントを毎月のように主催できるようになった
  • 会社ではできなかった個別栄養相談を行えるようになった
  • スポーツ栄養講座を地方でも開催させていただけるようになった
  • ダイエットサポートを受注できるようになった
  • 個人のわたしが企業様からお仕事をいただけるようになった
  • ジムのフリーウェイトエリアにいけるようになる2018年春
  • はじめてテレビに出演してばあちゃん大喜びした
  • 筋トレ仲間とかフリーランス仲間たくさんできた
  • 月収50万円稼げるようになった

などなど、辛いことも沢山あるけどその分出来たことは沢山あります!!!!

2018年の振り返りはこちらの記事にまとめたのでよろしければご参考までにご覧ください。↓

2018年を振り返る。良い意味で「ブレーキ」の一年だった。

2018.12.31



独立したあなたに伝えたい

フリーランスという響きはかっこよく感じると思います。

しかし、デメリットなんて沢山あるし、精神はかなり不安定になった時期もありました。

焦り、憎しみ、恨み、嫉妬。

そんな感情いっぱいになってしまいそんな自分に負い目を感じてさらにへこむなんていう負のループなんてざらにあります。特に自分に自信がない私の場合は。

いまだにわたしも会社という安定した世界に戻りたいと思うときもあります。

 

しかしなぜ、わたしはフリーランスを続けられているのか。

それは今の自分だから味わえること、体験できたこと、価値観の広がり、楽しさを痛感できるからだと考えます。

そして一番感じていることは、全力で心から笑えている自分がいるということ。

時々「楽しそうですね」と言われます。

そんなときは全力で、「楽しいです!」と答えることが出来ています。

正直昔の自分ではできなかったこと。

 

 

誰のための人生なんだ

誰が自分の人生の責任をとるんだ

 

 

迷っているあなたには今一度立ち止まり考えていただきたいことです。

考えることはすごく、すごく大切。

 

少しでも悩むあなたの背中を押して力になりますように。

 

 

なにか相談したい!聞いてくれ!そんなあなたはこちらLINE@よりお気軽にご相談くださいね♪

友だち追加

*上記ボタンより追加できなかった方は下記リンクからお願いいたします。↓

https://line.me/R/ti/p/%40bmd1122l



よかったらクリックしてくださいね。 にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です