【野菜ジュース比較】管理栄養士がコンビニで買って飲み比べてみた

▼提携スポンサー Anfida Gym様▼


じゅり
こんにちは!アスドリファクトリー代表管理栄養士の佐藤樹里です。

 

「みなさん!手軽に野菜が摂れる野菜ジュースを飲みましょう! 」

そう耳にすることも多いと思います。

 

A子
野菜ジュースってどれ飲めばいいのー?なんかダメなやつとかあるって聞いたんですけど!

これ結構聞かれるんですよね。

*前回野菜ジュースについて書いてみたら割と好評でした↓

野菜ジュース が 管理栄養士 に推奨される理由とは??

2017.06.10

ということで実際に買って飲んでみたよ!

ただ、野菜ジュースといっても、色々な種類がありますよね。

ということで今回は勝手に

①野菜だけ入っている野菜100%系ジュース

②野菜と果物がまざって入っているミックス系ジュース

の2種類に分類してそれぞれ比較してみました!さっそくいってみましょう!


管理栄養士の野菜ジュース比較レポ①野菜100%系

野菜ジュースを勝手に分類してみた結果の『野菜100%系』

  

カゴメ 野菜一日 これ一本 200ml×24本 や

伊藤園 1日分の野菜 (紙パック) 200ml×24本
が有名ですよね!

A子
まずそうなイメージ!(失礼)

管理栄養士の野菜ジュース比較レポ①~何が入っているの~

原材料表示は以下の通りです!!!

  

(左:野菜一日これ一本 右:一日分の野菜)

A子
よくわかんないけど野菜ばっか!!!すごそう!

 

双方野菜でできてますね!!

 

ここ、『とても大事』!!!!

 

最近、野菜をパッケージに書いて健康そうなイメージを与えつつ

『砂糖』『果糖ブドウ糖液糖』がっつりと使用した健康風甘味飲料もあるから注意が必要ですね。。。

エナジー系ドリンクにも注意↓

エナジードリンクをよく飲むのですが身体に悪い成分は入ってますか?【管理栄養士がお答えします!】

2018.06.09

 

その点においてこの2品は割と好印象ですね!ほぼ野菜ですし!
※一日分の野菜におけるレモン果汁以降のものは次の項をチェックだ!


 

管理栄養士の野菜ジュース比較レポ①~栄養的にどうなの~

(左:野菜一日これ一本 右:一日分の野菜)

A子
なんか栄養飛んじゃうから飲んでも意味ないって聞きましたー。まずいし。(しつこい)

ビタミンCなど、熱に壊れてしまう栄養素もあります。

例えば、加工中にもあまり壊れないといわれている『カリウム』は700㎎ずつくらいは入ってるんですが

これはカリウムが豊富で知られる「生のほうれん草100g分」に相当しています。

食物繊維2gであれば「キャベツ100g分」くらいでしょうか。

 

野菜ジュースに含まれる”カリウム”はむくみを予防する効果

ちなみに野菜ジュースにはカリウムが豊富に含まれていますが、

塩分を外へ排出する役割があるので塩分を摂りすぎている方や、

身体のむくみが気になる方には積極的にとっていただきたい成分の一つです。

 

勿論、カリウムも『これだけ』では足りません!!

ただ、補助としては有効かなと。

なんせ、ほうれん草・キャベツ100gずつをコンビニで買って
歩きながら食べる、なんてやりたくないですし(笑)

管理栄養士の野菜ジュース比較レポ①~栄養成分を表で比較~

二つの栄養成分を表で比べてみました!*赤字は数値が大きい方

「1日分の野菜」のほうがカルシウムやカリウム、マグネシウムなどの成分が若干高いことがわかります。

ここに「原材料表示」が関係しています。

よく見ると書いてあるのですが…

一日分の野菜には『乳酸カルシウム、塩化マグネシウム、ビタミンC、水溶性食物繊維』が原材料として使用されていますね。

 

これにより『マグネシウム・カルシウム・ビタミンC・食物繊維』の含有量が高い、というわけですね。

 

この良し悪しを論じると別記事になってしまうので今回はやめましょう(笑)


管理栄養士の野菜ジュース比較レポ①~味はどうだった?~

A子
まずいでしょ。ね。まずいよ。

ん~ コレは好き好きですね(笑)

 

野菜一日これ一本のほうが「ドロっとしていて繊維感もあり、野菜っぽかった」

一日分の野菜のほうが「さらっとしていて飲みやすかった」

という印象でしょうか?

どちらも総じて『野菜感』は強いので苦手な人は苦手でしょうね(笑)

 

そんな方は 『豆乳』で割るとまろやかで飲みやすいのでおススメです!

A子
豆乳!!!おいしそう!

 

タンパク質補給にもつながりますので、時間のない朝やちょっとした間食にでもおすすめです!

 

よかったらクリックしてくださいね。 にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村