Sponcered Link

ごま油 は 太る? 管理栄養士 がまとめてみた!


ごま油 はやっぱり 太る のでしょうか??

っという疑問を管理栄養士の立場からお答えします!

 

ごま油 は やっぱり 太る ??

さて、結論からいきましょう!

『別にごま油は特別じゃない』です

待ってください(´・ω・`)
がっかりしないでください。。。 

では、順番に説明しましょう!

 

ごま油 = 太る というわけではない??

まず、第一にお伝えしたいのが

『油のエネルギー量はほぼ種類による差がない』

ということ。

(詳しくは以前ブログで書いてみました!ご覧ください)

 

つまり『摂取量』『吸収効率』『利用効率』
「太りやすい油」「太りにくい油」を分けているのでしょう。

では、ごま油はどうなんでしょうか??



ごま油 の気になる特徴とは??

ごま油はどのような特徴があるのでしょうか??

大きく分けて2つあります

『リノール酸』が豊富

ごま油をはじめとする植物油には人体で合成することができない(=摂取するしかない)
必須栄養素の一つである「リノール酸」が含まれています。

『必須』と言われると取らなきゃいけない気になってきますが
植物油の摂取が身近になった現代日本人の食生活において
不足することはほぼない、とのこと。。。
※)過度に油抜きのダイエットをするのはお勧めできませんけども!

逆に、リノール酸の過剰摂取は「アレルギーの惹起されやすくする」との報告もあるので
近年はどちらかといえば「過剰」のほうが注意が必要かもしれません。

 

 

ごま由来の生理活性成分が含まれている

こちらは割と良い話。
「セサミン」に代表されるゴマの生理活性成分は
肝臓の活性酸素を取り除き、肝機能の向上や
二日酔いの予防効果が期待されています!

 

 

ごま油 が 太ると考えられるワケ

ここまででまだ解明されていない
『ごま油太る説』

あくまでも仮説ですが
『香味油』としての使われ方こそがその原因ではないかなと。

ご存知の通り、ごま油は調理の後半に「香りづけ」として使われることが多くあります。

つまり、調理油とは別に『追加の油』として使われるため
結果的にエネルギー過剰になりやすい、という側面が考えられます。

つまり、肥満には『ごま油の成分』というより
『油の総摂取量』が関与しているのではないかと思われます!

 

今回のまとめ

ごま油、美味しいけどほどほどにね!

では、どうすれば痩せられるの??と思ったらアスドリファクトリーの勉強会やカウンセリングに遊びに来てね!

今日学んだことが
明日の自分に活かされて
夢の自分に近づける!!

アスドリファクトリーでした!

 

よかったらクリックしてくださいね。 にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村