Sponcered Link

お酒は飲んでも太らないのか?? 管理栄養士がまとめてみた


お酒は飲んでも太らない説、聞いたことありませんか?

酒飲み男
あれっ?今日飲んでないじゃん!
痩せ活女
ダイエット中だからお酒はやめてるの
酒飲み男
なにいってんの!お酒は太らないんだよ

こんな話、聞いたことありませんか??

『お酒は別に太らない』

様々な情報があって混乱するところですが、実は一概に間違いとは言えません。

今回はアルコールとダイエットについて順を追ってご説明いたしましょう。

お酒は太らない?|①はじめに

大人になってから何かと出会う機会の多い「お酒」

嗜む程度であれば、楽しくリラックスできる良いツールかもしれません。

しかし、ひとたび飲みすぎると翌日ひどい目にあう、もう飲みすぎるものかと思いながらもまた飲んでしまう。

社会人になってから急に太る原因の多くは
『運動不足』『飲酒などの食習慣の変化』です。

そんなお酒の健康への影響はまたの機会にお話しするとして

今回は「お酒は太るのか」をお伝えします。

お酒は太らない?|②お酒は太るのか?

結論から言いますと「太る場合のほうが多い」ですね( ゚Д゚)

悲しそうな顔しないでください(´・ω・`)

そもそも、ダイエットという観点でお酒は
①そのもののエネルギーの影響
②代謝への影響
③心への影響
の3つの影響を身体に与えます。

①お酒そのもののエネルギーの影響

これは2種類

(1)アルコールのエネルギー

⇒アルコールには7kcal/gのエネルギーが含まれていることがわかっています。
(缶チューハイやビールのエネルギー表示が高いのはこの影響ですね)
しかし、代謝経路の関係上、蓄積されない、もしくは、一部しか利用されないなど
その影響には諸説あります。実は、まだわかっていないことが多いのです。

(2)そのほかのエネルギー

⇒これは、アルコール飲料に含まれる三大栄養素のこと。
例えば、お米を原料とする日本酒や麦を原料とするビールには「糖質」が
含まれています。ブドウ由来であるワインも同様ですね。
また、「まるでジュースだ」なんてカクテルやサワーを評する人がいますが
あながち間違えではありません。ジュースと同じように豊富に「糖類」が含まれています。

つまり、お酒にはものによりエネルギーが豊富に含まれているのです。

ハイボールなら太らないといわれているのはここ!

日本酒やビールと比べ、ハイボール・焼酎は「糖質」が含まれていません。

⇒つまり、甘ーい「コークハイボール」などでは本末転倒ですよ!

②代謝への影響

これは主に「肝臓への影響」とも言いますね。(肝臓の頑張りはこちら)
アルコールの分解過程で生成される「アセトアルデヒド」が肝臓における脂肪の分解を抑制し、合成を促進する働きがあります。
(アルコールの摂取過剰から脂肪肝になるのはこのようなメカニズムです!)

ここで重要なことは・・・・
「アルコールはそのものにエネルギーがなくとも、脂肪の蓄積を促進する」ということ。
これは重要です!いつかテストを作ったら出すので覚えておいてください!

③心への影響

実はこれが最も厄介です。

皆さん心当たりはあるかと思いますが、アルコールを摂取すると

・陽気になる   (欲求の活発化)
・食欲が増進する(胃の消化機能亢進による)
・判断力が鈍る (理性の抑制)

などの影響を受けます。
さて、冷静に考えてみましょう。
この作用はダイエットの妨害としか思えなくないですか??

お酒は太らない?|③おわりに

さて、こんなところですが、何もまったく飲むな、と言いたいわけではありません。

嗜好品との付き合いで重要なのは「正しい認識」です。

是非正しく理解して、適度にお酒を楽しみましょう!

何事もバランスが大切ですね!

それでは今回はこの辺で!

今日学んだことが
明日の自分に活かされて
夢の自分に近づける!!

アスドリファクトリーでした!

よかったらクリックしてくださいね。 にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村