【二日酔いの治し方】頭痛や吐き気の対処法から予防まで管理栄養士が徹底解説!

▼スポンサーリンク▼




じゅり
こんにちは!アスドリファクトリー代表管理栄養士の佐藤樹里です。

今年もやってきました。年末年始の忘年会・新年会ラッシュ。

みなさん、飲みまくってますか!?

うえーーーーーーい!!!!!

 

二日酔いで後悔してませんか!?

A子
ごめんなさいごめんなさい!飲み過ぎました!もう酒なんて飲みません頭いたいいいいいい

今こちらをご覧になっているあなたは、とにかく飲みすぎたと後悔していると思うのでもはや過去のことはとやかくいわないようにしましょう。

 

ということで、頑張って働くあなたが今お持ちのその二日酔いを治すための方法を今回は伝授していきたいと思います!

A子
あ、ありがたい・・・(うぷっ、頭いたい・・・)


二日酔いとは

きちんとお酒との付き合い方を考える前に、まず二日酔いとはそもそもなんでしょうか?

wikipediaでは下記のように記載されてます。

二日酔い、宿酔(ふつかよい)とは、酒などのアルコール飲料(エタノール)を、自身の代謝能力以上に摂取することにより引き起こされる、不快な身体的状態。エタノールがアセトアルデヒドに代謝され、体内にまだ残ったそれが二日酔いの症状を引き起こす。基本的には、夜間に酒を飲み、翌朝の起床後、顕著に現れる現象を指す。また、宿酔(しゅくすい)とも云われる。急性アルコール中毒とは異なり、生命に直接の危険はないが、しばしば頭痛や吐き気などの著しい不快感を伴う。なお飲酒後、短時間に現れるものは悪酔い(わるよい)という。一般的に二日酔いは悪酔いが翌日になって現れる状態を指す。

引用:wikipedia    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E6%97%A5%E9%85%94%E3%81%84

ふむふむ。つまり二日酔いとは、

自身のアルコール代謝能力以上に飲んでしまうときに起こる、カラダにとって不快な状態

ということですね!

二日酔いの症状

そんなカラダにとって不快な状態・・・二日酔いの主な症状としては、

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 胸焼け
  • 全身のだるさ
  • 食欲不振
  • 下痢
  • 脱水症状

などがあげられます。

(だ、だるう・・・・・・・)

二日酔いの原因

では、こんなカラダに様々な不快な症状を与える二日酔いの原因とはなんでしょうか?

アルコールが分解されたときにできるアセトアルデヒドが鍵になります。

アセトアルデヒド?詳しく解説していきます!!

アルコール代謝の仕組み

お酒、つまりアルコールは血液に溶け込み肝臓に運ばれ代謝・処理されます。

肝臓が処理できるアルコールの量も限られているので、あまりに多い量のお酒を飲んでしまうと、肝臓は休むことなく長時間フル稼働で働くことになります。

アルコールは肝臓の細胞にあるアルコール脱水素酵素などの働きにより、例のアセトアルデヒドに分解されます。

このアセトアルデヒドが毒性作用のある有害物質で、先に述べたお酒を飲んだときの顔の赤さ・二日酔いの症状である頭痛や吐き気の原因となります。
さらに、アセトアルデヒドを分解するのがアセトアルデヒド脱水素酵素。この酵素によってアセトアルデヒドが酢酸にさらに分解されます。

酢酸になると身体に無害になり、最終的に尿や汗や呼吸から体外に排出されるのです。

 

つまり!

身体に有害となるアセトアルデヒドを素早く分解することができれば悪酔いもしないし、お酒が強いタイプといえるのです!

A子
よしゃーーー!!!じゃあそのアセトアルデヒドをはやく分解すればいいんだね!どうやんの!どうやんの!
じゅり
どんだけ飲みたいの!アセトアルデヒドを分解するアセトアルデヒド脱水素酵素は遺伝子によって決まっているんだよ!!
A子
遺伝によって決まるのかーーー!だから親が酒に弱いとその子供も弱かったりするんだね・・・
じゅり
でもね!食事とかからも代謝を助ける成分とかもあるんだよ!次からお伝えするね!


二日酔いの治し方

ではようやく本題です!二日酔いの頭痛を我慢しながらここまで読んでくださったあなた。

お待たせしました!今あなたがお持ちの二日酔いの症状の治し方をお伝えします。

 

食べ物編・飲み物編・薬。。。などに分けてお伝えしていこうと思います!

二日酔いに効く食べ物

はじめに。二日酔いの日はなにも身体が受け付けないものですが、無理して食べなくてよいです。
まずは身体に入れられるものから入れていきましょう。

その中でも特に二日酔いに効く食べ物はこちら!

①しじみの味噌汁


しじみには肝機能を整える「オルニチン」が含まれています。

オルニチンはアミノ酸の一種で、肝臓でのアンモニアを解毒するために必要なので、二日酔い特有の倦怠感やむかつき、頭痛などが改善されていくのです。

オルニチン以外にもアラニンやグルタミンが含まれており、これらはアルコールを代謝させる力を持っています。

つまりしじみは肝臓を強くし、働きをサポートしてくれるのです!

 

②おかゆ(梅干し)


梅干しには、肝機能を活性化させる効果のあるピクリン酸が含まれたり、胃を落ち着かせ吐き気などの症状を和らげるのにも効果的です。また、おかゆは胃の消化に負担をかけずにエネルギー補給ができます。

③バナナ


アルコールは利尿作用によって水分と同時にミネラル分も排出してしまいます。

バナナは果物の中でもダントツでカリウムが豊富。カリウムは塩分を排出してくれる働きがあるのでむくみなどにもよく聞きます。同時に適度な糖質、ミネラルも豊富なので利尿作用により失われたミネラル分を補給する役割もあります。

④キウイ・グレープフルーツ


ビタミンCの多いグレープフルーツ・キウイ。

ビタミンCは二日酔いの原因である「アセトアルデヒド」という物質を分解するときに使われます!
100%ストレートのグレープフルーツジュースなどで摂取してもよいです!


二日酔いに効く飲み物

①水

まずは王道で絶対に飲んでほしいもの。水です。

気持ちが悪くて食べれなくても水分補給は絶対にしてくださいね!
二日酔いの原因の1つには、アルコールによる利尿作用などでの水分不足。
何も食べなくても、水や白湯は飲みましょう。

②トマトジュース


トマトジュースと組み合わせるお酒もあるように、トマトには二日酔いを緩和する効果があることが知られています。

血中アルコール濃度を低下させたり、アルコールの代謝に関わる酵素の働きをアップさせてくれたりする、などの効果もわかっています。

③ココナッツウォーター

*写真はこれですが、最近ではパックのものも売ってます。
最近、見かけるようになったココナッツウオーターには、カリウムやナトリウムなどのミネラルが大量に含まれています。

浸透圧も人間の体液とほぼ同じなので「天然のスポーツドリンク」とも呼ばれているそうな!

 

二日酔いに効く薬 を薬剤師さんに聞いたよ!

知り合いの薬剤師さん、虎岩琴絵さんに聞いてみました!

じゅり
ことえさーん!教えてください!なにか二日酔いに効く薬はありますか!?
琴絵さん
薬とかいうか漢方のほうがよいですよ!
じゅり
なるほどなるほど!?漢方という手があったのですね!!

 

ということで薬剤師のことえさんがおすすめしてくれたネットでも購入できるし薬局でも購入できる2つの漢方をご紹介します!

①五苓散(ゴレイサン)

五苓散は、猪苓(チョレイ)、沢瀉(タクシャ)、茯苓(ブクリョウ)、桂皮(ケイヒ)、白朮(ビャクジュツ)の5つの生薬からなる漢方薬です。
五苓散は頭痛、むくみ、口渇、下痢、嘔吐、排尿困難といった、水が滞る「水滞」を改善する代表的な処方効果があります。

②黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)

黄連解毒湯は、熱による炎症を抑えるのに用いられる漢方薬です。

胃腸などの炎症も抑えるので二日酔いによる胃の不快感、頭痛にも役立ちます。

つまり飲み過ぎ全般に効果的!!

これらの漢方を飲む前に飲んでもいいし、飲んだ後や翌朝に調子が悪くなったときに飲んでもOK!!

 

漢方薬には普通に薬局で市販されているものもあり、これらは診断なしで購入できます。

 

じゅり
ちなみに市販薬のおすすめとかありますか?
琴絵さん
頭痛とかならロキソニンやイブ。できたらお酒を飲む前にウコン入りのドリンクを飲むと肝臓の解毒作用を高めるので二日酔いになりにくいですよ。
じゅり
やはりウコンもすごいパワーをもってるのですね!
琴絵さん
五苓散も飲む前に飲んでも予防になるので、この時期には常備してるとよいですね!

 

なるほど!!つまり、予防の場合には漢方の五苓散やウコンを飲んでしっかりと対策していきましょう!




二日酔いは事前の対策と予防が大事

二日酔いになってからのことをお伝えしてきましたが、本当に出来る人はもう飲み会前・飲み会中に二日酔いの予防・対策をしているのです!!!

その方法を今回はお伝えしていきます。

①一杯目にとりあえずビール!をやめてみる

仕事後の飲み会までなにか飲むのを我慢して…最初の一杯を堪能する!っていうのが一番身体にアルコールが吸収されてしまいます。

とにかく空腹時にとるアルコールが一番吸収がはやいですし、酔いやすくなります。

飲み会前になにかを食べておくのがよいでしょう。

例えば、アルコール分解の際に失われやすいタンパク質を補うことも大事。

ですので飲み会前にヨーグルト(プレーン)などを摂っておくのもよいでしょう。

 

②つまみで頼むメニューを揚げ物から変えてみる

いつも頼むメニューが唐揚げ、フライドポテト、揚げ物ばかりではないでしょうか?

頼むメニューをまずはおつまみ系から揃えましょう!

おすすめは、枝豆、お刺身系、サラダ です。

枝豆は大豆のタンパク質源でもあり、ビタミンCも豊富なのでお酒のおつまみとして欠かせない一品です。

お刺身も魚介類のタンパク質として、

サラダも普段食べていない方はこういう時にもりもりサラダも食べましょう!

ただし、居酒屋のサラダはドレッシングがかけすぎていたりするので注意です。

シンプルなサラダを注文しましょう。

③お酒とともにお水を飲むことを忘れずに!

二日酔い後の対策でもお伝えしましたが、やはり水分の摂取は忘れないように。

お酒の注文とともに合わせてお水を頼むか飲み会後にすぐに飲めるようにペットボトルのお水を持参したりして事前に対策をしておきましょう。

お水を飲むことで二日酔い対策にもなります。

二日酔いの治し方と対処法まとめ

いかがでしたでしょうか?

沢山のお話をお伝えしてきましたが最後にひと言言いたい。

お酒はほどほどにね!

結局これかーーーーい!!!!!

お酒は美味しく、楽しくほどほどに飲むのが一番ですよね♪

ちなみに・・・運動後にお酒飲む人はこちらの記事も合わせてみてね☟

運動後のお酒ってどうなの?身体への影響を管理栄養士が解説

2018.09.05

ではでは!また見てねー!


 

イベントや最新情報の先行案内や、栄養や健康に関する質問は、 お気軽にLINE@から連絡ください^^ イマスグご登録してね!↓

友だち追加

*上記ボタンより追加できなかった方は下記リンクからお願いいたします。↓

https://line.me/R/ti/p/%40bmd1122l

\食べながらメリハリボディーを作ります/

食べるプロテイン専門管理栄養士 佐藤樹里

よかったらクリックしてくださいね。 にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です