Sponsored Link

エナジードリンクをよく飲むのですが身体に悪い成分は入ってますか?【管理栄養士がお答えします!】


じゅり
こんにちは!アスドリファクトリー代表管理栄養士の佐藤樹里です。

いやーーーー暑いですね。みなさんダイエットの調子はいかがでしょうか?

 

わたしも現在、グループにて絶賛ダイエットサポートに励んでいます。

その中で、今日はこんな質問をいただきました!

●ンスターエナジーだと・・・?

そして質問したフリーランスデザイナー北川さんに続き、「ボクもです」と続ける早稲田大学休学中のけいぼーさん。

結構みんな飲んでるのか・・・!!!!!

と、衝撃的だったのでブログにおさめることにしました。

エナジードリンクの種類について

エナジードリンクといえども色々な種類がありますね。

大手のところざっくりと調べてみました。

エントリーNO.1 モンスターエナジー!!!

 

 

 

 

Monster Energyの世界を体感せよ!

がキャッチコピーのモンスターエナジーです。

パッケージがスタイリッシュです。

エントリーNO.2 レッドブル!!

翼をさずける!

でおなじみのレッドブル。

もっとエントリーさせようと思いましたが、あまり知らなかったので断念します。

 

栄養成分を比較してみよう!!!!

ということで、栄養成分を調べて表にまとめました。

モンスターエナジー レッドブル
原材料(成分) 砂糖類(砂糖、ブドウ糖)、高麗人参根エキス、L-カルニチンL−酒石酸塩、塩化ナトリウム、ガラナ種子エキス、クエン酸、香料、クエン酸Na、甘味料(D-リボース、スクラロース)、L-アルギニン、保存料(安息香酸)、カフェイン、ナイアシン、着色料(アントシアニン)、イノシトール、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12 砂糖類(砂糖、ぶどう糖)、酸味料、L-アルギニン、カフェイン、イノシトール、ナイアシン、パントテン酸Ca,VB6,VB2,VB12,香料、着色料(カラメル)
栄養成分表示 100 ml当たり エネルギー50kcal
たんぱく質0 g
脂質 0 g
炭水化物 12.6g
ナトリウム 78 mg
ナイアシン8.5 mg
ビタミンB6 0.8 mg
ビタミンB2 0.7 mg
ビタミンB12 1-6μg
アルギニン125mg
カフェイン40mg
エネルギー46 kcal
たんぱく質0 g
脂質 0 g
炭水化物 10.7 g
ナトリウム 80 mg
アルギニン120mg
ナイアシン3 mg
パントテン酸 2 mg
ビタミンB6 2 mg
ビタミB2 0.09 mg
ビタミンB12 2 μg
カフェイン43.2mg

 

ぱっと見、、、モンスターのほうの原材料の量凄いですね・・・

一番みていただきたいのが栄養表示のところで、どちらも砂糖・ブドウ糖が先頭にきていますね。

原材料の表示は、入っている量が多い順に記載されているので、

どっちのドリンクも砂糖類が一番多く入っている

ということです。



 

砂糖実際どのくらい入ってるの?

砂糖量の目安をみるときは、炭水化物量を注目します。

■モンスタードリンクの100ml当たりの炭水化物量は、12.6g、

1缶355mlなので、1缶あたり砂糖が44.7g

■レッドブルの100ml当たりの炭水化物量は、10.7g、

1缶250mlなので、1缶あたり砂糖が26.8g

 

つまり、

モンスタードリンクだと3gのスティックシュガー約15本

レッドブルは3gのスティックシュガー約9本

こ、こわーーーー!!!!!

ざっくりこのくらい入っているのですよ・・・

目でみるとものすごい量ですね。

しかもスティックシュガーで考えるとどっちもすごい砂糖の量だというのがおわかりいただけますでしょうか。

 

飲むと血糖値が爆あげされるので、一時的にやる気などはおきます。

しかし、そのあとに急激に血糖値が下がってしまうため、だるけや倦怠感などがおそってきてしまうのです。

 

「コーヒーはブラック派で、砂糖はいれていないですよ!」

とたまに胸を張っていってくださる方がいるのですが(それはそれで、ブラックで飲みましょうね!)

それで、こういうエナジードリンク飲んでいたら…コーヒーで入れていない分がもう小さいことに感じますね!涙

眠気ざましでカフェインを摂りたくて飲んでます

 

眠気を覚ます目的で、カフェインを摂りたくて飲んでいる方もいらっしゃると思います。

ということで、100ml当たりのカフェイン量に注目してみましょう。

 

モンスターエナジー カフェイン40mg

レッドブル     カフェイン43.2mg

 

これって、、多いのでしょうか?

カフェインといえばの、コーヒーの100mlあたりのカフェインといえば?

コーヒー100ml カフェイン約60mg

 

コーヒーの方がカフェインの量自体は多い・・・!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?衝撃的な事実もあったと思います。

カフェイン目的でとるのであれば、無駄に砂糖をとってしまうエナジードリンクよりもブラックのコーヒーを飲むことをおすすめします。

ただ、別記事でもかきましたが、コーヒーにも含まれるカフェインには利尿作用があるので、

きちんとお水などからの水分補給も合わせて行うようにしましょう!

 

 

 

イベントや最新情報の先行案内や、栄養や健康に関する質問は、

お気軽にLINE@から連絡ください^^

イマスグご登録してね!

友だち追加

*上記ボタンより追加できなかった方は下記リンクからお願いいたします。

https://line.me/R/ti/p/%40bmd1122l

\食べながらメリハリボディーを作ります/

食べるプロテイン専門管理栄養士 佐藤樹里

 

 

よかったらクリックしてくださいね。 にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村