Sponsored Link

忙しくて運動できない時間のないデスクワーカーにおくる3つのダイエットのコツ


じゅり
こんにちは!アスドリファクトリー代表管理栄養士の佐藤樹里です。

夏ですね!この時期になると…意識し始めますよね。

ダイエット。

そんな中、ダイエットしたいんだけど、運動したいんだけど、、、

デスクワーカーのみなさんはとにかく

忙しい!

休む暇もない!

ずっと座りっぱなしだから肩もこる!

時間もない!

おまけに仕事まで辞めたくなってきた!!!!←

 

そんな方も少なくないのではないでしょうか・・・?

 

そんな訳で、今日は忙しいデスクワーカーの皆さんに送ります。

時間がなくてもダイエットに取り組む3つのコツをお伝えいたします!!

 

①歩数計を意識する

デスクワーカーのみなさんはとにかく歩かない!(失礼)

一日の歩数をみたことありますか・・・?

実は、iPhoneの方は手軽にチェックできるんです!

元々アプリとして入っている”ヘルスケア”を見てください!

タップすると。。。

こんな感じで歩数や、歩いた距離、上がった階数なども見れてしまいます…!

みなさんの歩数はいくつくらいでしょうか・・・?

知り合いのデスクワーカーさんですが、3000歩とか4000歩とかが多い印象です。

歩数を見ることは、トレーナーの腹筋のお兄さんよこさんも推奨しております!!!

 

ちなみによこさんとはタッグを組み、”ダイエットグループの1ヶ月ー2kgコミット”を見ているところです。

twitterでもトレーニングの動画などもあげてくれてるのですごいわかりやすい!!

よこ@腹筋のお兄さん/トレーナー

では、歩数の平均値はどのくらいでしょう?

厚生労働省のページより調べてみました。

身体活動量と死亡率などとの関連をみた疫学的研究の結果6)からは、「1日1万歩」の歩数を確保することが理想と考えられる。日本人の歩数の現状では、1日平均で、男性8,202歩、女性7,282歩であり、1日1万歩以上歩いている者は男性29.2%、女性21.8%である(平成9年度国民栄養調査)。最近10年間の歩数の増加傾向を考慮して、当面10年間の目標として、男女とも歩数の1,000歩増加を目指し、1日平均歩数を男性9,200歩、女性8,300歩程度を目標とする。

引用:厚生労働省(http://www1.mhlw.go.jp/topics/kenko21_11/b2.html)

一日平均男性は8202歩、女性は7282歩!!

デスクワーカーのみなさんがいかに歩いていないかがお分かりでしょうか・・・?

 

じゃあ、どうやって歩く?

車社会のため、地方ほど歩数が少ないとも言われていますが。。。

せめて平均まで歩いてほしいところです!

これって意識して数値として見えるからこそ自分の現状がわかることなんです。

今の自分の現状と、他の方の歩く量からでの運動量の違い。

 

帰りの駅を一駅手前から降りて歩くだけでぜんぜん違います!

あとは意識して、エスカレーターでなく駅の階段を活用したり。

これだけでもぐっと歩数も増えることでしょう。

 

②姿勢をよくする

姿勢。

日常生活で簡単に取入れられる一番重要なことです。

 

普段の姿勢を少し意識するだけで、筋肉の使う箇所も変わってきます。

 

わたしたちはついつい楽な姿勢になろうとして、

猫背になってきたりお腹もだるんだるん、足も組んでしまう…

このままPC作業をしていると気づいたら肩は痛い首は痛いお腹は出てる・・・

と大変なことになっていきます。笑

座るとき、まずは余計な贅肉をよけて、骨盤をたててしっかりと座ること。

背筋を伸ばし、お腹をひきしめ、肩甲骨を後ろに引き寄せて、足は組まない。

イメージとしては、頭の上から糸でひっぱられることをイメージするとよいでしょう!

これは、よくランニングや歩いているときも意識することができます。

 

③忙しいときほど食事に気をつける

身体のパフォーマンスに直結するのが、普段食べている食事。

忙しいと食事も荒れてきてしまいませんか・・・?

ストレスでついつい甘いものを食べてしまったり、暑くなってくるとついアイスを食べ過ぎてしまったり。

特にデスクワーカーのみなさんは、仕事をしながらおやつをつまんでしまう方も多いですよね。

 

実は、それってストレスなどでなにか口寂しくて食べてしまっているだけで、

甘いものでなくてはならないことが多いです。

 

ただ、甘いものは中毒性があり、一時的に幸せホルモンを出すので脳みそが欲していたりするのですが、、、

なので、イライラしてしまったときはガムや、ナッツや昆布など、よく噛めるスナックを食べてみると

意外に甘いものじゃなくても午後のおやつタイムを乗り越えられたりします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

忙しくてダイエットを諦めている方も、あんがい意識さえしてやる気をだせば取り組めることも多かったと思います。

とはいえモチベーションを保つのも難しかったりするので、グループでダイエットに取り組んだり、プロの方のサポートなどを取入れてみると続けられます。

一人じゃないって、すばらしい。

 

イベントや最新情報の先行案内や、栄養や健康に関する質問は、

お気軽にLINE@から連絡ください^^

イマスグご登録してね!

友だち追加

*上記ボタンより追加できなかった方は下記リンクからお願いいたします。

https://line.me/R/ti/p/%40bmd1122l

\食べながらメリハリボディーを作ります/

食べるプロテイン専門管理栄養士 佐藤樹里

 

よかったらクリックしてくださいね。 にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村