Sponsored Link

ダイエットに必須のタンパク質!女性で筋肉つくからと避けてる方はいますぐ考え直しましょう!


じゅり
こんにちは!スポーツ栄養士の佐藤樹里です。

ダイエットといえばタンパク質ですよね!!!

え?糖質制限して野菜だけにすれば自然に痩せると思ってた?

自己流はやめてください!!!!!!!!!!!

その中からタンパク質、プロテインについてをまとめていこうと思います。

たんぱく質①

まず最初にたんぱく質は、主に身体の材料になるものです。

食べ物でたとえると、肉・魚・卵・豆類・乳製品・・・などですね。

私たちの髪の毛から爪、皮膚、筋肉、臓器…など

身体の多くがたんぱく質を材料にして作られています。

ちなみに、アミノ酸という言葉はスポーツに興味のある方なら聞いたことありますよね。

たんぱく質はアミノ酸が結合して構成されたものなのです。

 

 

逆を言うと、食べ物などから摂ったたんぱく質は、体内でアミノ酸に分解されて

身体で利用されているのです。

 

アミノ酸に関してはまた特化して記事にしたいと思います。

プロテインの種類

では、本題に入ります。プロテイン(タンパク質)の取れるサプリメントの表記をみてみると、

色々な種類があるのがおわかりですか?

大体有名なのは大きくわけて三種類あります。

①ホエイ(乳清)プロテイン

②カゼインプロテイン

③ソイプロテイン

詳しい人はものすっごく詳しいですよね。初めて見たーって方、今日一緒に勉強しましょ^^

①ホエイプロテイン

動物性のたんぱく質です。

アミノ酸組成がよく、吸収スピードが速い点から、筋肉づくりに最適なプロテインといえます。

 

②カゼインプロテイン

動物性のたんぱく質です。

ホエイに比べて消化吸収は遅い。血中アミノ酸濃度を持続します。

 

③ソイプロテイン

植物性のたんぱく質です。

長期的に筋肉をつけていきたいかたに適しています。

自分がどういった身体を作っていきたいかで選択する必要があります。

 

ちなみに

たんぱく質とかいてある商品より、ペプチドが入っている商品の方が吸収の効率がより

高まります。

 

ペプチドとはつまりたんぱく質の最小単位、アミノ酸が2~3結合したものです。

アミノ酸が単体で吸収されるよりも、ペプチドが固まったまま吸収された方がより多くの

アミノ酸を体内に吸収することができます。

 

■まとめ

サプリメントを摂るか摂らないかは個人の選択の自由ですが、

きちんとした普段の食生活があってこそ!

の補助食品としてのサプリメントと私は考えております。

 

多くの方に筋肉をつけたい。プロテイン飲めばいいですか?

と、聞かれます。

 

が、まずはお金をかける前に日常の食でなおせるところはないですか?

サプリメントを考えているかたは、

まずは普段の食事から見直してみてください。

 

 

 
イベントや最新情報の先行案内は、LINE@にて行います!!

イマスグご登録してね!↓

友だち追加

*上記ボタンより追加できなかった方は下記リンクからお願いいたします。↓

https://line.me/R/ti/p/%40bmd1122l

\食べながらメリハリボディーを作ります/

食べるプロテイン専門管理栄養士 佐藤樹里

よかったらクリックしてくださいね。 にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です